スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レオン花

お花みたいに可愛いレオンを公開です~☆

20061212162801
(シッターさんが撮って下さった画像)

旅行記の途中ですが、レオンのカラーを外すことが出来たのでご報告~♪
今月の動物病院への通院回数はなんと3回!
カラーをしていなければならなかったのですが、ずっと元気だったレオンです。
経過をメモとして残しますね。

【12月3日(日)病院一回目(旅行中)】

2日の晩、シッターさんがレオンのお尻の異常に気がつきました。
レオンがしきりになめていたそうです。
シッターさんは、お尻の症状を見て、すぐにレオンにおむつをはかせ、なめないように対応して下さいました。
サイズの合うおむつがあるなんて・・さすがプロです。

次の日、病院へ連れていき、注射をしてもらい、薬(塗り薬、抗生物質、痛み止め)を頂き、先生と動物病院(そこには病気犬はケージに泊まれるのです)に預けるかどうするか相談し、シッターさん宅で大丈夫といわれたことを、パソコンメールで丁寧に報告して下さいました。
メールチェックする前に、私がサイパンから電話を入れたので、電話でも説明してくださいました。

気になるレオンの診断結果は・・・・
  左肛門腺破裂

旅行前に、病院のかかりつけの先生に、レオンをシッターさんへ預ける事と、具合が悪くなったら病院で預かって下さいとお願いしてあったので、何もかもスムーズだったようです。
シッターさんが代理で治療費を払うことも無く、うちへのツケにしていただけました(笑)

レオンにカラーがやけに似合ってレオン花みたいですよね~。
(*≧m≦*)ププッ

200612121628012

【12月7日(木)病院2回目】
先生から詳しく、お尻の症状の説明を受けました。
最初、見た目は、お尻に肛門が二つあったような症状だったそうです。
7日には、破裂した穴はかさぶたになっていました。

事前に兆候がありませんでしたか?と聞かれました。
お尻を床になすりつけたり、なめようとしたりあるそうです。
私:一ヶ月に一度のシャンプーの度に、絞っていたつもりでした。
  背中をソファーになすりつけたりはありました。
  お尻をずりずりは無かったです。(と、説明、いや、弁解?)

これまでは溜まることが無かったのですから、先生は探偵のように色々聞く(笑)
それでやっと分かりました~。

私の絞り方が下手だったのが一番の原因なのですが~。
それでも破裂が無かったのは、ウンチでいきむときに、以前は絞りきれて無かった液が勝手に出ていたとの事。
急につまったのは、数ヶ月前に変えたフードではないかと。
某フードに変えたら、毛の艶が良くなって、レオンも気に入っていたので、そのフードを続けたのですよ。
その脂肪分の多さが(前のに比べて1%多い)、ウンチの出を良くして、いきまなくなり、液が出なくなったのではと。
言われてみれば、ウンチの出が以前よりもかなりスムーズでした・・。
脂肪が多いとツルンと出るそうです。
良かれと思って変えたフードで、こんな事になるとはー唖然。
(´・ω・`)ションボリ

200612121628014

【12月11日(月)病院3回目】
かさぶたが綺麗になったか、カラーを外していいか、聞きに行きました。
もうすっかり綺麗で、大丈夫ですよ~との事。
いぁーめでたい!!!
これで安心です。
ついでに、年一回の6種混合ワクチンも打っていただきました。

先生が
「あれ、レオン君、今日も注射にガウガウしないねぇ。
シッターさんが連れてきた時も、大人しかったんですよ。
大人になりましたね~。
パピヨンの雄は気が強いので、しつけが難しいんですよ。
失敗することが多いです。
(え、そんなの聞いてないよ・・そうだったの・・ははは)
これからもしっかりしつけを続けてくださいね」

レオンも成長していますー。
飼い主も上手に肛門腺を絞れるようにならなくちゃー。
とっても似合うカラーを外すのは、可愛いからもったいないのだけど・・これきりバイバイです!

シッターさんへは、とてもとてもお世話になりました。
感謝の気持ちでいっぱい。
ありがとうございました。
親戚や友達に預ける事も考えたのですが、もしそうしてたらどうなってたかな・・・、プロの方にお世話になって正解でした。

シッターさんがして下さったことは
・病気のケア
・様子を見ながら、通常通りのレオンの生活(散歩、食事)
・お宅での自由遊び
・メールでの、病気に関する経過の丁寧なご報告
・最終日には、毎日のレオンの様子の報告書(写真入り)
 どのワンちゃんと遊んだか、どんなことをしたか、食べたか食べなかったか、散歩の時間などなど詳しく書いてありました。

レオンは、とても可愛がっていただいたようです。
シッターさんがうちにレオンを送りに来た時、レオンがシッターさんから離れませんでした。
尻尾をぶんぶん振ってシッターさんに甘えるのですよ~~~。
もう、びっくり。
飼い主が複雑な心境になるじゃないの・・・レオン・・・。

長い日記ですみませんでしたー(o*。_。)oペコッ
読んでくれた方、ありがとうございます♪
スポンサーサイト

theme : パピヨン
genre : ペット

異変に気づくなんてさすがプロですね~。
旅行中、心配で気になってしょうがなかったんじゃないですか?
私は今度のスキーの時、実家に預けるつもりなんですけど
こういうことがあるとなると藤沢のシッターさんのほうがいいかなぁ・・・って考えちゃいますね。
でもシッターさんは1泊ならいいけど2泊以上だと料金が高くて・・・。
かといってかかりつけの動物病院だとケージに入れっぱなしで
お散歩も連れて行かないって言ってたし。
迷うなぁ。

でもすっかり良くなってよかったですね♪

ミニクーパーさん
さすがプロですよね。
症状をきいてびっくりしましたが、あのシッターさんなら大丈夫だろうという安心感がありました。
事前に2回預けて、その時のお預かり報告書や、帰ってきた時のレオンの表情から安心感があったのですよ。
ご実家なら、大丈夫ではないですか?
レオンがかかっている病院や、友達のワンコの病院は、ケージ預かりだけれども、朝と夕のお散歩付きですよ~。
シッターさんは安心だけどお財布が軽くなりますね(^^;;

レオンはすっかり元気です。ありがとうございますー☆
Secret

お知らせ



にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村

頂いたコメントは承認後に反映されます。 悪戯・迷惑コメントは削除させて頂きます。

プロフィール

ぱぴレオン

Author:ぱぴレオン
神奈川県在住
書道、料理、編み物、バレエが好きな主婦です。
仕事もしてます。子3人。

愛犬:レオン  ♂
9歳 2003年8月16日生まれ
犬種:パピヨン
芸:「待て」「ハウス」「お手」「おかわり」「あご」「おしまい」

料理ブログはcookpadレオン亭にて。

カテゴリー

月別カレンダー

最新の記事

最近のコメント

過去ログ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

湘南パピヨン

QR

ブログ内検索フォーム

以前のサイト

湘南パピヨンgooブログ(HP日記転載 2003.11-2007.9)

湘南パピヨンlivedoorブログ(2004.1-2005.9)

いただきもの&記念プレート
かわいいみなさん
シーズーのお産アルバム
犬コラム

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

お得情報

Flashリバーシ

by mitti0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。